1. TOP
  2. 読書
  3. ガリレオの苦悩 聖女の救済 レビューさせていただきます

ガリレオの苦悩 聖女の救済 レビューさせていただきます

|

 

東野圭吾さんは割と贔屓にさせていただいてます。

加賀恭一郎シリーズで魅了されました。しかしながら、同じシリーズものである

ガリレオシリーズには、『容疑者Xの献身』以外手をつけていなかったわけで。

聖女の救済・ガリレオの苦悩の画像

そこで今回、『ガリレオの苦悩』と『聖女の救済』を読まさせていただきました。

 

■『ガリレオの苦悩』レビュー

 

本作は短編構成になっており、ガリレオこと湯川学が事件を解決に導いちゃう

わけですが、個人的には、ガリレオ先生の恩師である人物との話が、

容疑者Xの献身を彷彿とさせる人間ドラマがあり印象的でした。

しかしガリレオの苦悩と銘打っているわけだから、あのガリレオ先生が

頭を抱えて苦悩しちゃうんだろうなと思いきや、あまり苦悩している様子は

垣間見えなかった気がします。もうちょっと苦悩させてもよかったんじゃないか

と思いました。まあ一般人がわかるはずがない専門用語の散りばめられている

だけに、ガリレオ先生は相当頭のよい人なわけで、あまり苦悩する機会はないのかなと。

でも、そんな人だけに苦悩する姿が見たかったなぁ…とサディスティックなことを

思ってみたりする。

 

■『聖女の救済』レビュー

 

ガリレオの苦悩より、聖女の救済の方が苦悩してました。長編ですが、容疑者は特定できるが

完全なるアリバイがあり、そのトリックをめぐり関係各者苦悩してました。終盤そのトリックの

真相が明らかになりますが、こんなトリックを思いついちゃう東野圭吾さんこそ、

まさにガリレオなんじゃないかと思うほどのトリックでした。女性刑事、内海薫がipodで聴いて

いる曲が、福山雅治だったり遊び心も垣間見ました。個人的には、聖女の救済の方が好きでし

た。いやしかし、このような発想力、ぜひともほしいものです。

 

みなさんはどちらの作品がお好みでしょうか。

 

 

関連商品をAmazonでチェック