読書

                     

『ブログ飯』 ブログで飯を食う方法

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

 

『ブログ飯』読みました。

ブログで飯を食えたら最高ですね。

ブログで飯を食うために必要なことをシンプルに語っています。

そのシンプルな方法とは、

 

ゴロゴロ生活|映画・アニメレビュー うたプリ タイバニ  その他日常 を語ります。

『ヤマオーは俺が倒す!!』 イコール 目標の実現化

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

あなたが思うスラムダンクの名台詞とは?

 

『スラムダンク』TVアニメ化20周年記念プロジェクトのファイナル企画

みんなが決めるSLAMDUNK名台詞!

Blu-rayBox発売に合わせた企画です。

私が思う台詞は『ヤマオーは俺が倒す!』でした。

 

ゴロゴロ生活|映画・アニメレビュー うたプリ タイバニ  その他日常 を語ります。

為末 大 『諦める力』 と アニメ3キャラクターから学ぶ人生における選択の方法

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

為末 大 『諦める力』 とアニメ3キャラクターから学ぶ生きる上での選択方法 -ゴロゴロ生活-

 

為末 大 『諦める力』 読みました。

頑張っても勝てる見込みのないフィールドで時間を費やすより、頑張れば勝てるフィールドを選択した方がいい、

といった内容を『諦めることは明らめること』と、『諦める』という単語を至極プラスに表現してます。

この本を読んで、とあるアニメキャラクター3人を思い浮かべました。

 

ゴロゴロ生活|映画・アニメレビュー うたプリ タイバニ  その他日常 を語ります。

使命と魂のリミット 使命を持って仕事をすること

 

こんばんわ、ゴロゴロ生活ぱんいちです☆

昨夜に引き続き、読書ネタで失礼(;´д`)

 

今日は言わずと知れた有名作家、東野圭吾氏の『使命と魂のリミット』

この作品ドラマ化されていたりするので、割とご存じの人も多いんじゃないかな。

ドラマ化するほどの作品なら、いかほどかということで、手に取ってみたわけで。

 

話は女性の研修医と、その研修医が赴任する病院を脅迫する事件を起こす二つの軸で、構成されます。

父親を手術ミスで亡くす。執刀医は、その病院の教授。しかも、母親の再婚相手という事実を

知ることになる研修医は、父親の死に疑問を持つが、果たしてその真相やいかに。

 

気になるね(+_+)

 

まぁ真相は読んだらわかるということで、私がこの本思ったことは、

使命を持って仕事してますか!?ってこと。

仕事に携わる人間は、その道のプロとなるわけで、そういう意識を持って

仕事に取り組んでいるかを問われた気がした。

 

日常にかまけて、仕事に対してなぁなぁになってませんか?

なぁなぁなんてとんでもないという人、その姿勢をこれからも貫いてください。

なぁなぁだなと感じた人、これからの行動がものを言います。自分を律するもよし、

使命感がないのであれば、使命感がない理由を考えましょう。

 

仕事に対して思い入れがない、可もなく不可もない今に満足しているので、

この日常を変えたくない等、色々あります。

 

偉そうなことを言ってるようですが、恥ずかしながら、私は後者。

 

今私がハマっているアニメ、宇宙兄弟では、主人公が宇宙飛行士になるという夢を

実現するために邁進してるし、ぱんいちは少し自分を見つめ直そうと、思うのでした☆

 

みなさんは、いかがでしょう?

 

カラスの親指 詐欺の手口

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです☆

 

最近読書記事書いてないなぁとふと思ったんで今日は、久しぶりに読書ネタ

さて、今や直木賞作家として有名になってしまった、道尾秀介氏の『 カラスの親指 』

 

カラスの親指 -ゴロゴロ生活-

 

カラスの親指?何のこっちゃと思いつつ読み進めると、詐欺師の話でした。

 

ある役員と、その銀行の調査員になりすまし、顧客の金を騙しとる手口、陶芸家になりすまし

質屋の店主を騙す手口など、詐欺師が使う手法を知ることができ、なるほど(*_*)とつい、思うと同時に、

自分も気を付けなくてはと、自らを戒めるのでした。

 

決してハッピーエンドとは言えない結末も、まぁあれはあれでありかと。

 

詐欺の被害を防ぐには、詐欺を知るべし。

 

 
amazon.co.jpでチェック

楽天市場でチェック

ブックオフオンラインでチェック
icon

 

 

人を殺してはいけない理由

マリアビートル

 

伊坂幸太郎著、『マリアビートル』読みました。

マリアビートルとは
「てんとう虫」の意で、英語のレディバグ、レディビートルから
来ているようで、レディは聖母マリア様のことをさすらしい。
マリア様の七つの悲しみを背負って飛んでいく。だから、てんとう虫は
レディビートルと呼ばれている。

劇中の引用であるが、へぇと思う部分だったのでメモ。

個人的に印象に残ったのは、登場人物の一人、王子の

戦争と死刑が許されるにもかかわらず、どうして人を

殺してはいけないのかというひねくれた質問に対して、とある塾講師の答えが

また斬新だった。

 

——————————————————————————————-

『殺人を犯したら、国家が困るんだよ』

『たとえば、自分は明日、誰かにころされるかもしれない、となったら、人間は経済活動に従事できない。そもそも、所有権を保護しなくては経済は成り立たないんだ。そうだろう?自分で買ったものが自分の物と保障されないんだったら、誰もお金を使わない。そもそも、お金だって、自分の物とは言えなくなってしまう。そして、『命』は自分の所有しているもっとも重要なものだ。そう考えれば、まずは、命を保護しなくては、少なくとも命を保護するふりをしなくては、経済活動が止まってしまうんだ。だからね、国家が禁止事項を作ったんだよ。殺人禁止のルールは、その一つだ。重要なものの一つ。そう考えれば、戦争と死刑が許されるのは簡単だ。それは、国家の都合で、行われるものだからだよ。国家が問題なし、と認めたものだけが許される。そこに倫理は関係ない。』

劇中より引用
——————————————————————————————-

 

おもわず、なるほどと思ってしまった。

物事にはいろいろな考え方があるな、と。

 

新幹線内で交錯する、群像劇。

この手のモノは、伊坂作品としては久しぶりのように感じた。

最後に物語がひとつになるすっきり感が個人的に好きなことと

贔屓の作家ということもあり、楽しめた。

 

 

商品ページはコチラ
Amazon
楽天市場

セブンネットショッピング
ブックオフオンライン

 

 

AB型の親から、O型の子供は生まれない

 

東野圭吾著『カッコウの卵は、誰のもの』読みました。

 

カッコウの卵は誰のもの -ゴロゴロ生活-

 

掲題は、本書で知った知識。

ついで、カッコウは自分の産んだ卵を、他の鳥の巣に置き育てさせるということも

恥ずかしながら初めて知った。

—————————————————————————————-

カッコウの雛は比較的短期間(10-12日程度)で孵化し、巣の持ち主の雛より早く生まれることが多い。孵化したカッコウの雛は巣の持ち主の卵や雛を巣の外に押し出してしまう。その時点でカッコウの雛は仮親の唯一の雛となり、仮親の育雛本能に依存して餌をもらい、成長して巣立っていく。托卵を見破られないようにするため、カッコウは卵の色や斑紋などを仮親の卵に似せている。また、托卵する際に仮親の卵を巣から出して数合わせを行う場合もある。

wikipediaより引用
—————————————————————————————-
 

 

才能を持って産まれた子供を、活かすのも親。

子供の意思を尊重してあげるのも親。

 

ギターをやりたいのに、持って産まれた才能がゆえに、

スキーをやることを余儀無くされている少年が登場します。

読んでいて、この少年が不憫でならなかった。

 

やむを得ない理由(経済的なのモノが主)で、自分が望む道に

進めない子供っていうのは、世の中にはたくさんいるわけで、

そう考えると親は、自分の子供のやりたいことを

尊重できる経済力が少なくとも必要なのだな。と個人的な結論に至った。

 

みなさんはいかがでしょう。

 

 
『カッコウの卵は、誰のもの』
商品ページはコチラ
Amazon

楽天ブックス

セブンネットショッピング
ブックオフオンライン

 

 

バイバイブラックバードとは

 

伊坂幸太郎著、『バイバイブラックバード』読みました。

 

バイバイブラックバード -ゴロゴロ生活-

 

大柄な口の悪い女性と、結果的にルーズな女性関係もってしまった男の短編集。

ゴロゴロ生活|映画・アニメレビュー うたプリ タイバニ  その他日常 を語ります。

誰でも寝ている間に夢は見ている。

 

予知夢、読みました。

 

予知夢 -ゴロゴロ生活-

 

事件を科学的見地からアプローチ。言わずと知れた東野圭吾、『ガリレオ』シリーズ第二作目。

今回は、科学的知識を得ようという気持ちで読んでみました。

以下、まとめです。

ゴロゴロ生活|映画・アニメレビュー うたプリ タイバニ  その他日常 を語ります。

人を動かす文章とは

 

以前、紹介した齋藤孝氏の『誰も教えてくれない人を動かす文章術』を読み終えました。

大学で指導している言葉の権威ともあり、講堂にて授業を受けているような感覚になりました。

さて、人の心を動かす文章とは何か、という問いに、この本を読んだ私なりの回答は、

ゴロゴロ生活|映画・アニメレビュー うたプリ タイバニ  その他日常 を語ります。